社会貢献事業

「竹鼻中学校スポーツクラブにTシャツ製作費(継続)」を寄附

 一般財団法人国際クラブ(代表理事青山るみ、同青山英世)は、このほど岐阜県羽島市竹鼻中学校の「はしまなごみ竹鼻クラブ」に令和4年度Tシャツ製作費として100万円を寄附しました。

1 はしまなごみ竹鼻クラブ
令和3年3月25日、スポーツ庁より竹鼻中学校がクラブ化されたのを機に、同中学校に「はしまなごみ竹鼻クラブ」が発足しました。これに伴い、同校にある12運動部の休日の練習などは、同市の統合型地域スポーツクラブ「はしまなごみスポーツクラブ」に所属する指導者が部員を指導することとなりました。

2 部活動で着用するTシャツの製作
竹鼻クラブの12運動部(250人)では、クラブ化したことを機に統一したTシャツを作りたいとの声が高まったことから、国際クラブでこれを支援することになり、年間100万円の製作費を当面の間寄付することにし、本年は2年目を迎えました。同Tシャツは、表面デザインを各運動部が考案、背面は国際クラブのロゴを入れて製作し、部活で着用することにしました。

3 寄附贈呈式
(1)令和4年5月1日(日)午前8時から、羽島市内青山スクエアで、羽島市長、同教育長、竹鼻中学校長、同校女子バスケットクラブ、柔道クラブ、陸上競技クラブ、剣道クラブの代表部員40名及びなごみスポーツクラブ役員など関係者が出席して行われました。
 まず最初に、国際クラブ青山るみ代表理事より竹鼻クラブ部員代表3名に100万円の目録とTシャツが贈られ、続いて竹鼻クラブ代表者より感謝状が返礼されました。
(2)その後、青山るみ代表理事が「国際クラブ90周年事業の一環として、本年も引き続き100万円を寄附させて頂きます。竹鼻クラブの活動は、全国のモデル校として全国各地から視察があると聞いています。寄付したTシャツが皆様の活動の一助になれば誠に光栄です。お揃いのTシャツを着て、他のモデル校になりますようさらに活動を頑張って下さい」と激励。

  これに対して、松井聡羽島市長が「国際クラブが90周年という長い歴史の中に、地元は大きな支援を受け、改めて感謝申し上げます。と挨拶。

引き続き、竹鼻中学校森山健校長が「今年もTシャツを寄贈して頂き有難い。本校は先駆的なクラブ活動を進めており、これを機に地域の発展へとつなげればと願っています。」と謝辞が述べられました。

4 地域ぐるみのラジオ体操の実施
 羽島市の中心地に位置する青山スクエア(羽島市竹鼻町)では、国際クラブと同市の有志で組織する「さわやかクラブ」が主催して、健康づくりと地域交流を目的として、毎月第1日曜日の午前8時からNHKラジオ体操やストレッチ体操を実施していますが、本年で6年目を迎えることになりました。
 その冒頭6周年記念として、さわやかクラブ安田悦夫代表より岐阜新聞岐阜放送社会事業団の杉山幹夫岐阜新聞社最高顧問へ10万円が寄附されました。
 当日ダブルの寄附贈呈式は、小雨の中でありましたが竹鼻中学校クラブ活動部員代表40人をはじめ145人の大勢の参加者の下で、盛大に行われました。なお、今回も新型コロナウイルス感染の防止対策(マスク、検温、ソーシャルディスタンス、消毒など)を十分講じた上での式典並びに体操の実施となりました。
IMG_4530.JPGIMG_4539.JPGのサムネール画像のサムネール画像IMG_4545.JPGのサムネール画像のサムネール画像IMG_4561.JPGのサムネール画像IMG_4564.JPGのサムネール画像IMG-5937jpg11 (2).jpgのサムネール画像IMG-5969 (1) - コピー.jpgのサムネール画像IMG-6001 - コピー.jpgのサムネール画像のサムネール画像IMG_4579.JPGのサムネール画像のサムネール画像

社会貢献事業

外国人支援事業

国際親善・国際交流
外国人大学留学生支援事業
日本語学校に留学する外国人就学生の学費助成事業

学校教育の支援

学校教育支援事業
学校図書及び書架支援事業
発展途上国における教育施設・インフラ整備事業
カンボジア王国における寄附活動

スポーツ振興支援事業

環境保護における研究・開発事業 詳しくはこちらから

芸術文化の紹介

芸術文化紹介事業
芸術文化紹介事業記録
国際的な音楽コンサート事業

外国人技能実習生支援事業