国際親善・国際交流

南米への日本人移民周年記念における国際交流と支援

  • 南米への日本人移民周年記念における国際交流と支援
  • 南米への日本人移民周年記念における国際交流と支援

 本年、日本人が南米へ移民してブラジルとアルゼンチンでは110周年、ペルーでは119周年を迎えました。
 また、岐阜県人会が設立されてからブラジルでは80周年、アルゼンチンでは45周年そしてペルーでは35周年の節目を迎えるに当たり、南米3国ではそれぞれ周年記念の式典が開催されました。
 そのため、岐阜県からは副知事、副議長・議員はじめ担当職員、岐阜市、山県市、郡上市、美濃加茂市からは市長(副)・議員、職員の皆さんなど20数名の慶祝団が訪問されました。
 当国際クラブは、平素から外国人支援、交際交流並びに芸術文化紹介などを事業目的としているため、県の慶祝団とともに各国の記念式典等に出席させて頂き、下記の通り3国5団体に550万円を寄付するなど国際親善・交流を図るとともに、アルゼンチン出身の歌手大城バネサを同行して芸術文化紹介活動を展開しました。

1 ブラジル
 (1)ブラジル日本都道府県人会連合会主催の「日本祭り(3日間)」開催において(延べ21万人の参加者、21日の
  110周年記念式典には「眞子内親王」がご臨席)
   〇 歌手 大城バネサが4ステージにゲスト出演

 (2)岐阜県人会80周年記念式典において
   〇 各会の運営費として、都道府県人会連合会に200万円、岐阜県人会に200万円を寄付
   〇 大城バネサがゲスト出演

2 アルゼンチン
 (1)在亜日本人会主催で日本人移民110周年記念行事の一環として開催された「大城バネサデビュー15周年
  記念コンサート」(Teatro Astral 1050満席)において
   〇 大城バネサ出演
   〇 在亜日本人会へ、会の運営費として50万円を寄付
 (2)在亜岐阜県人会45周年記念式典において
   〇 在亜岐阜県人会へ、会の運営費として50万円を寄付
   〇 大城バネサがゲスト出演

3 ペルー
 (1)日系ペルー実行委員会主催による、大城バネサ、長峰ルーシーの歌と琉球舞踊柳清会ペルー支部与那嶺
   エリカ以下による「まじゅん」(沖縄で「一緒」の意味)
   〇 サンタウルスラ講堂 (1,050満席)に出演
 (2)ペルー岐阜県人会35周年記念式典において
   〇 ペルー岐阜県人会へ運営費として50万年を寄付
   〇 大城バネサゲスト出演

4 講評
 ブラジル、アルゼンチンは一昨年に続き2回目の訪問で、今回は22日間と言うロングスケジュール、しかも日本とは真逆の冬社会への移動となりましたが、南米日系社会との深い絆が図られ、国際親善と芸術文化紹介事業の目的を果たすことができました。また、南米社会の中で日系の皆さんが強い絆と希望をもって、日本人の心を大切にされ日本文化の継承と普及に尽力されている姿に深い感動を覚え、今後も交流を続けて行きたいと実感させられました。

社会貢献事業

外国人支援事業

国際親善・国際交流
外国人大学留学生支援事業
日本語学校に留学する外国人就学生の学費助成事業

学校教育の支援

学校教育支援事業
学校図書及び書架支援事業
発展途上国における教育施設・インフラ整備事業
カンボジア王国における寄附活動

スポーツ振興支援事業

環境保護における研究・開発事業 詳しくはこちらから

芸術文化の紹介

芸術文化紹介事業
芸術文化紹介事業記録
国際的な音楽コンサート事業

外国人技能実習生支援事業