学校教育支援事業 母子、父子家庭の高校生への教育費支援事業など

「羽島市奨学金」へ720万円を寄附

 一般財団法人国際クラブ(代表理事青山るみ、同青山英世)は、創立90周年記念事業の一環として、「羽島市奨学金」へ720万円を寄附しました。


1 寄附の目的
  国際クラブ創立90周年事業の一環としての教育支援

2 奨学金支給の対象
(1)岐阜県羽島市に住所があり、高等学校等に在学又は進学を予定しているもの
(2)学費の支弁が困難な状況にある家庭の生徒
(3)学業に励み、その成績が優秀であり素行が良好なもの

3 奨学金支給方法、金額、人員
  給付奨学金(返済不要)、年36万円、20名

* 平成16年から昨年までは毎年500万円(一人25万円、20人) でありましたが、本年は財団創立90周年事業の一環であり、かつコロナ禍で生活困窮が多くなっていることに鑑み、増額することにしました。
    
4 寄附目録交付及び感謝状贈呈式
  令和4年3月25日(金)14時より羽島市役所において、松井聡羽島市長、森 嘉長教育長、青山  馥国際クラブ名誉会長、青山るみ・青山英世国際クラブ代表理事他が出席して、寄附目録の交付及び感謝状の贈呈が行われました。
 (1)寄附目録の交付
    国際クラブ青山英世代表理事から松井聡羽島市長へ、720万円の目録を交付
 (2)感謝状の贈呈  
    松井羽島市長より国際クラブ青山るみ代表理事へ、感謝状が贈呈
 (3)国際クラブ青山英世代表理事挨拶要旨
    国際クラブは、前身から通算して本年秋で節目の90周年を迎える事になりました。これもひとえに羽島市長
    様はじめ市民の皆さまのご指導とご支援の賜であり、感謝の気持ちで奨学金を寄附させて頂きました。
    希望に満ちて入学される新1年生、そして2~3年生へ進級される生徒さんの修学の一助になりましたら光栄です。
    皆さんが、次代を担う素晴らし人間として育ち、成長されますことを期待し、今後も陰ながら応援して参りたいと思っています。

(4)松井聡羽島市長挨拶要旨
    国際クラブ様からは、度重なるご厚志を賜り深く感謝申し上げます。
    コロナ禍で生活が困窮する家庭が多くなっております。
    子供たちに愛の手を差し伸べて頂き、深く感謝申し上げます。

                                           以上

IMG_8151.JPGのサムネール画像IMG_8155.JPGのサムネール画像IMG_8162.JPGのサムネール画像IMG_8165.JPGのサムネール画像

社会貢献事業

外国人支援事業

国際親善・国際交流
外国人大学留学生支援事業
日本語学校に留学する外国人就学生の学費助成事業

学校教育の支援

学校教育支援事業
学校図書及び書架支援事業
発展途上国における教育施設・インフラ整備事業
カンボジア王国における寄附活動

スポーツ振興支援事業

環境保護における研究・開発事業 詳しくはこちらから

芸術文化の紹介

芸術文化紹介事業
芸術文化紹介事業記録
国際的な音楽コンサート事業

外国人技能実習生支援事業