スポーツ振興支援事業

世界パラテコンドー選手権大会の報告会

 平成31年2月5,6日トルコで開催された「第8回世界パラテコンドー選手権大会」で、日本代表の工藤俊介選手(25歳、岐阜県出身)、太田渉子選手(29歳、山形県出身)が見事銅メダルを獲得しました。
 3月22日、大会報告のため金原会長はじめ全日本テコンドー協会役員、コーチ陣が工藤、太田選手と共に岐阜県羽島市を訪問し、松井聡市長と国際クラブ青山馥名誉会長・同青山るみ代表理事に成果を報告しました。
 岐阜県羽島市は、テコンドー競技のナショナルトレーニングセンターに指定され、年2回の全国大会の開催や日本代表選手の強化合宿(毎月)などを行っています。
 また、国際クラブは2020年までの5年間、選手強化を中心に全日本テコンドー協会を支援しています。
 金原会長やコーチから、東京オリンピック・パラリンピックに向けての取り組みが報告された後、工藤・太田両選手は「今回の成果は、羽島市での強化合宿や皆さんの支援のお陰です。今回の銅メダルで大きな自信にもなりましたので、これを励みにして東京パラリンピックで金メダルを獲れるようさらに努力していきたい。」と抱負を語りました。
パラテコンドー集合写真.jpg賞金交付.jpgるみさんと2ショット.jpg金メダル拝見.jpg5人並んだ写真.jpg

社会貢献事業

外国人支援事業

国際親善・国際交流
外国人大学留学生支援事業
日本語学校に留学する外国人就学生の学費助成事業

学校教育の支援

学校教育支援事業
学校図書及び書架支援事業
発展途上国における教育施設・インフラ整備事業
カンボジア王国における寄附活動

スポーツ振興支援事業

環境保護における研究・開発事業 詳しくはこちらから

芸術文化の紹介

芸術文化紹介事業
芸術文化紹介事業記録
国際的な音楽コンサート事業

外国人技能実習生支援事業